庄内のユニークすぎる“足湯カフェ”で
自分だけの癒しの時間を楽しもう

日本各地で猫カフェ、ふくろうカフェ、ギャラリーカフェ、ブックカフェなど、さまざまな“複合カフェ”と呼ばれるお店が増えています。実は、庄内にもユニークなカフェがあるんです! 今回は「こんな組み合わせありなの?」というカフェを紹介します。

こんなの初めて! 面白すぎるカフェ

鶴岡駅から電車とバスまたはタクシーで約40分のところにあるのが足湯カフェChitto Motcheチットモッシェというお店。フランス語のようなおしゃれな店名ですが、実は方言で「ちょっと、面白い」という意味なんだそうです。

「何が面白いんだろう?」と期待を膨らませながら、川沿いの通りを歩いているとすぐに見つけることができました。外観は西洋の別荘のようなかわいい建物。ウッドデッキのテラスが広くてゆったりしています。

ここまでは他でも見かける光景ですが、何かが違います。「あれっ、湯気が立っている!」なんと、テラスにあったのは温泉でした。そう、チットモッシェはなんとも珍しい“足湯”の複合カフェだったんです。

広々した空間がうれしい雰囲気抜群の店内


チラッと中をのぞいてみると、何やらステキな雰囲気。

「足湯につかりながらデザートを食べる!」という目的は最後のお楽しみにとっておき、まずは店内に入ることにしました。今では珍しいスリッパに履き替えるスタイルです。

玄関で靴を脱いでいると店員さんがさっと現れて店内へ案内してくれます。ゆったりとしたテーブル配置で、奥のほうに小上がりのお座敷がある落ち着いた空間でした。

カフェのレベルを超えている! 本格ランチに舌鼓

訪れた時間帯はちょうどお昼時。お腹も空いていたのでランチをいただくことにしました。

正直、カフェのランチはあまり期待しないほうで、ドリンクやスイーツが美味しければ良し、という感じです。いつものように、あまり深く考えずステーキランチを注文しました。

一口ぱくり。驚きました! お肉がとってもやわらかくてジューシーなんです。自家製のオニオンソースも絶妙にマッチしています。

「どうしてこんなにおいしいんですか?」と尋ねると、「シェフは西洋レストランで長年腕をふるっていたんですよ」と店員さん。なるほど、丁寧に仕事された料理は、研鑽を摘んだシェフの確かな技術があったからなんですね。

おすすめはラテ。食後に訪れる至福の時


食後にカフェを注文しました。運ばれてきたホワイトチョコラテは、ラテアートが施されていてテンションがあがります。

カフェはすべてオーダー後に豆を挽き、丁寧にドリップしているそうで深い味と芳醇な香りです。

ラテには地元でしか流通していないローカルミルクの“あつみ牛乳”が贅沢に使われており、濃厚で余韻の長い甘さが幸せにしてくれます。カフェ好きな方にも安心しておすすめできるお店です。

足湯は女性にうれしい泉質、熱くても大丈夫


シメはいよいよ足湯です!

店員さんに「足湯に入りながらソフトクリームを食べたいんですが……」と伝えると、快く「今日はお天気がいいので気持ちいいですよ。ソフトクリームはお持ちしますね。」と案内してくれました。

足湯は浴衣姿の女性や家族連れの方々で大賑わいです。泉質は弱アルカリ性で冷え性や婦人病、皮膚病などに効果があるそう。女性にうれしい効能ですね。

靴下を脱いでつま先からそっと入りました。「あれっ、けっこう熱いかも」。
それもそのはず“あつみ温泉”の源泉は68℃なんです。

でも「熱いのが苦手」という方、大丈夫ですよ。見つけました!
お湯の出ているところから少し離れると、かなり熱さがやわらぎます。自分にあったポジションを発見すれば問題ありませんね。

頭寒足熱! “足湯+涼”で癒される

温度にもなれてきた頃、ソフトクリームが運ばれてきました。

足湯に入りながら“涼”を求めたのには理由があります。“頭寒足熱”という言葉がありますが、疲れているときは頭がのぼせて足元が冷えていることが多いそうです。下からしっかり温め、上からは冷やすことで疲れを癒し、体調を整えてくれると言われています。

お湯につかりながら冷たいデザート。足湯カフェだからこそできるリラグゼーションスタイルです。この日は足元がずっとポカポカしていて、夜はぐっすり眠ることができました。

“足湯カフェ チットモッシェ”はユニークなだけではなく、本格的な料理もカフェも楽しめる実力派。今回は紹介できませんでしたが、スイーツも充実していて高評価です。

温泉街だから食後の“まちブラ”も楽しめます。旅の目的地のひとつに、足湯カフェをチョイスするのもいいかもしれませんね。

<データ>
足湯カフェ Chitto Motche(チットモッシェ)
【住所】山形県鶴岡市湯温海甲170番地 map
【電話】0235-43-4390
【交通】JR羽越本線あつみ温泉駅より庄内交通バス温海営業所行きで6分(250円)、足湯あんべ湯前下車徒歩2分。または鶴岡駅より庄内交通バス温海営業所行きで約70分(1220円)、足湯あんべ湯前下車。あつみ温泉駅からタクシーで約5分(1240円)
車 日本海東北自動車道あつみ温泉ICから5分 庄内空港から約50分
【営業時間】3月~11月 10時~18時30分(ラストオーダー 18時)
      12月~2月 10時~17時30分(ラストオーダー 17時)
【定休日】 3月~11月 第1・第3水曜日
      12月~2月 毎週水曜日
【駐車場】 あり/無料
【URL】https://www.chittomotche.com/

関連記事

  1. 心を癒す神秘のエメラルドグリーン!
    丸池様の水の透明度に言葉を失う

  2. 世界的な建築家が設計した山形・鶴岡の水田に
    浮かぶホテルのライブラリーで読書三昧

  3. 県内一の落差63mの滝が目の前に!
    玉簾の滝でマイナスイオンを浴びる

  4. 山形・月山麓の野に広がる巨大映画オープンセットで
    映画の世界にどっぷり浸る

  5. 加茂水族館のクラゲ大水槽の裏側を見る
    バックヤードツアーは冬季限定!

  6. 期間限定。冬のあったか「こたつ船」で
    日本三大急流の最上川下りを満喫

  7. 庄内のシンボル山居倉庫は
    酒田の味とおみやげと写真スポットが勢ぞろい

  8. 見ているだけで、なぜか懐かしくなる
    山形県鶴岡市に残るレトロ建築の面白さ

  9. 庭の美しい玉川寺で坐禅や写経を体験し、
    抹茶と和菓子で贅沢な時間を

山形の天気

  • 今日

    曇のち晴

    曇のち晴

    5℃ / --℃

  • 明日

    曇り

    曇り

    8℃ / --℃

  • --℃ / --℃

エリアから探す

  1. 庄内の日本酒はなぜうまい?<br>「吟醸王国やまがた」の原点は酒田…

    2019.12.30

  2. そば王国の山形県。<br>地元の人たちにはこんなに強いこだわりがあ…

    2019.12.26

  3. さくらんぼ、ラ・フランスに梨、柿…。フルーツ王国・山形の秘密とは?

    2019.11.13

  4. こんな野菜は見たことがない! <br>農家が守り続けた庄内の在来作物…

    2019.10.03

  5. 米どころ庄内平野のお米はおいしい!<br>その裏にはこんな秘密があ…

    2019.09.18