鈴政の大将

酒田の寿司屋はここに行け!酒田で愛され続ける寿司割烹 「鈴政」

ANA SHONAI BLUE Ambassador(庄内に移住しANAに乗務しながら庄内地区で活動する客室乗務員)がお届けする庄内レポート

昭和30年創業の老舗。山形県酒田市に本店と、東京都麹町に店舗を構える鈴政(すずまさ)。酒田の人に「おすすめのお寿司屋さんはどこですか?」と尋ねると、多くの人が「鈴政!」と答えるほど、酒田を代表する人気のお寿司屋さんです。
庄内の新鮮な魚を中心に全国のよりすぐりの魚を厳選し、素材を生かした味付けで握ってくださいます。見て美味しい、食べて美味しい。とても幸せな気持ちになります。

一度お店に行くと、いつも明るく、笑顔が素敵で、気さくな大将の人柄にみんな魅了されます。「むかしは俺のファンが窓の外から覗いていたのに、今覗いてるのは猫だけだ」なんて冗談を言って、私たちを笑わせてくれます。鈴政のカウンターは美味しいお寿司と、美味しいお酒、楽しい会話に笑顔があふれています。今日はそんな酒田で愛され続ける鈴政をご紹介します。

「大将!今日もおまかせお願いします!」

鈴政の大将
毎日、魚の鮮度によって変わる、おまかせにぎり(3240円)は1日限定20食。鈴政では、より美味しくお寿司を食べるために素材に合わせて味付けされた「創作寿司」を楽しむことができます。今日のおまかせはなんだろう?と、うきうきしながら席に座ります。実際、おまかせってどんなお寿司がでてくるの?と思われている方必見。3月某日のおまかせにぎりをご紹介します。

1貫目:本マグロかまのあぶり
本マグロかまのあぶり

2貫目:真タイ 塩とごま
鈴政の真タイ 塩とごま

3貫目:ふぐ もみじおろしとねぎ
鈴政のふぐ もみじおろしとねぎ

4貫目:のどぐろ 塩とすだち
鈴政ののどぐろ 塩とすだち

5貫目:サクラマス トリュフオイルに漬けたネギ
鈴政のサクラマス トリュフオイルに漬けたネギ

6貫目:漬けまぐろ
漬けまぐろ

7貫目:さば ネギ醤油
鈴政のさば ネギ醤油

8貫目:天然ホタテ貝 あぶり塩
鈴政の天然ホタテ貝 あぶり塩

9貫目:甘エビ 醤油
鈴政の甘エビ 醤油

10貫目:ウニ 塩
鈴政のウニ 塩
崩れちゃうから手渡し

11貫目:あなご 特製たれ
鈴政のあなご 特製たれ

12貫目:玉子
鈴政の玉子

おまかせにぎりを頂いたあとは、自分が好きなものを追加で注文しています。

一体、いくつ目があるの?大将の全てのお客様へのおもてなし

大将のおもてなし
大将のおもてなしはお寿司を握るときだけではありません。すべてのお客様が入店してから、上着のお預かり、一杯目のドリンク、お寿司を出すタイミング、飲み物のおかわり、お帰りの準備、お見送りまで気を配っています。

鈴政に入ると、いつも「いらっしゃい!」と大将が明るくお出迎えして下さいます。鈴政でお食事をしているお客様たちは、皆、笑顔で幸せそうな顔をしています。それはお寿司がおいしいことはもちろん、大将、女将、板前さんたちの心遣いのおかげです。頼みごとをしたいタイミングで、声をかけてくださり、お待たせ感を感じさせません。鈴政から退店するお客様は「大将、ごちそうさま!」とにこにこしながら声をかけます。大将や板前さんたちは店の外まで出て、手を振ってお見送りをしてくれます。

一貫一貫、丹精を込めて握られたお寿司、ねたの旨みを存分に引き立てる味付けと、それを美味しく食べるための心地よい空間が鈴政が酒田の人々に選ばれ続ける理由なのだと感じます。

季節の庄内地域在来食材を使ったお料理をご紹介

鈴政ではお通しやお味噌汁も、庄内地域ならではの、旬の食材が使われています。四季折々の食材で移ろいゆく季節を感じることができます。ここでは3月の冬から春の移ろいを感じるお料理を3品ご紹介します。

①孟宗(もうそう)汁
鈴政の孟宗汁
「ばあちゃんが孟宗汁つくる時期になったら、春が来たんだなと感じる」と山形県民が口をそろえて言う、大人気の郷土料理、孟宗汁。孟宗とはあく抜きをせずに食べることができる上質なタケノコのこと。庄内では厚揚げとしいたけとともに味噌と酒粕で煮る「孟宗汁」がはるの風物詩として親しまれています。

②アサツキとイカの酢味噌和え
アサツキとイカの酢味噌和え
庄内の冬の味覚として親しまれているアサツキ。庄内以外の地域ではあまり知られていませんが、ネギやニラの仲間です。酢味噌との相性が抜群。自宅で作るとゆで加減が難しい。ゆですぎると歯ごたえがなくなり、食感が楽しめなくなってしまいます。鈴政ではしゃきしゃきとしたアサツキにこりこりしたイカが合わさり、絶妙な食感を楽しむことができました。

③ナマコ三杯酢
ナマコ三杯酢
こりこりとした食感!歯ごたえ抜群。うまみたっぷりの冬の味覚ナマコ。海で見る見た目から、「なまこって食べるものなの?」と敬遠してしまっていましたが、食べてみて美味しくてびっくりしました。酒の肴と称される理由も納得です!

④サクラマスの素焼き
鈴政のサクラマスの素焼き
サクラマスは庄内地方で春を告げる魚と呼ばれています。脂ののり具合と味の良さは格別ですが、漁獲量が少ないため、ほかの地域には出回っていないのだとか。旬の地元産のニラと一緒に食べるのが庄内流。塩をつけて食べ
るもよし、醤油をつけて食べるもよし。「やっと長い冬が終わったね!」とみんなで笑いながら肉厚のサクラマスの身を頬張りました。

2軒目はどうしよう。そんな時は女将の梅ちゃんにご相談を

鈴政の女将の梅ちゃん
鈴政の女将の梅ちゃん
酒田には飲食店やBAR、スナックが、実は、たくさんありますが、外から来た人にとってはなかなか入りづらい、見つけづらいお店が多いです。ホームページやSNSで検索しても見つからないお店もあります。鈴政でおいしいお寿司をおなかいっぱい食べたあと、「もう少し飲みたいな」「カラオケしたいな」そんな要望があれば、ぜひ、女将の梅ちゃんに相談してみてください。酒田で顔が広い女将の梅ちゃんがあなたのニーズにあったお店を紹介してくれます。酒田のディープな夜をさらに楽しむことができます。

<DATA>
場所名 寿司割烹 鈴政
〒998-0037 山形県酒田市日吉町1丁目6−18 Map
電話番号:0234-22-2872
交通:庄内空港から車で22分、JR酒田駅から車で5分、徒歩20分
営業時間:
平日 昼:AM11:30~PM1:30(ラストオーダー)
夜:PM5:00~PM9:30(ラストオーダー)
日曜・祝日 昼:AM11:30~PM1:30(ラストオーダー)
夜:PM5:00~PM8:00(ラストオーダー)
※予約可、ランチ予約不可
定休日:不定休
駐車場:あり 無料
URL:https://www.suzumasa.com/

<DATA>
場所名 鈴政 麹町店
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目7−5 Map
電話番号:03-3264-6234
交通:有楽町線麹町駅2番出口から徒歩2分
営業時間:
昼:11:30-13:00
夜:17:30-21:30
※予約可、ランチ予約不可
定休日:日曜
駐車場:無し

ライター紹介

自己紹介
サカモト リホ
アクティビティ、自然、歴史、夕日が好き。庄内は私のスキの宝庫で、仕事の合間をぬって色んなところに出かけています!好奇心が私の原動力!庄内のオモシロイところをみなさんにもシェアします〜!

※商品・サービスの内容は記事執筆時点のものです。店舗によっては商品・サービスの内容が変更される場合があります。

関連記事

  1. 「庄内各地で季節を五感で楽しんでみては?」

  2. 復活した昭和の名キャバレーが山形県酒田市にあり。
    豪華ステージで歌えば「白ばら、最高!」

  3. 優美に、清らかに、つい見惚れてしまう現代へ続いてきた酒田舞娘とは?

  4. 船・食・景色!アクティブに丸ごと楽しむ最上川芭蕉ライン

  5. 一度は食べたい庄内の郷土食「麦きり」を味わえる
    おすすめのそば店3選

  6. 庄内の在来作物「温海(あつみ)カブ」

  7. 木川屋高橋さん

    庄内の酒は酒屋に聞け! 山形地酒専門店 木川屋 高橋さん

  8. 海坂膳から見えてきた、鶴岡の食文化のこと

  9. 中トロ丼

    歩いて巡る 酒田まちあるき