84歳の女性バーテンダーが歓迎する
鶴岡の隠れ家バー89は会話を楽しむ店

酒田では93歳になる日本最高齢のバーテンダーがシェイカーを振る「ケルン」というバーが有名ですが、鶴岡には84歳の女性バーテンダーのお店があると聞きました。その名は「南蛮居酒屋89(やぐ)」。
店の名前からするとスペイン料理を出す酒場をイメージしてしまいますが、常連さんに愛されるれっきとしたバーなんだとか。
どんな店なのか、秋の気配を感じる晩夏の気持ちのいい夜に訪問してみました!

創業から50年以上、 鶴岡で現役最古のバー


鶴岡駅からタクシーで9分、鶴岡市役所からは歩いて10分ほど。南蛮居酒屋89(やぐ)は、表通りから一本道を入った人通りの少ない場所にひっそりと佇んでいました。

恐る恐る扉を押すと、薄暗い空間に間接照明がゆらゆら灯るカウンター席。

奥のほうから「いらっしゃい」という声が聞こえてきました。そこに立っていたのがマスターの矢口孝子さんです。
男仕立てのストライプシャツに黒の蝶ネクタイ、ピンクのエプロンが印象的な孝子さん。店名にある「89(やぐ)」は孝子さんの夫で初代マスター矢口さんの愛称だったそうです。

お店は今から54年前、孝子さんが30歳の時に開店。バーが珍しかった当時、たくさんの人で賑わいました。そんななか、27年前に突然マスターが他界。「泣いているより亡き夫の店を続ける」と決意し、二代目マスターとなりました。それから1人で休まずお店を続けています。

名物カクテルは「はっこいの」


メニューをながめていると「今、手をケガしているから、1種類しかつくれないの」とマスターの孝子さん。「それでいいですよ」と答えると「はっこいのを差し上げますね」。

「はっこいの」とは庄内地方の方言で「冷たい飲み物」のことです。何が出てくるか逆にワクワクしてきます。

スイッチが入ったように目つきが変わり、84歳とは思えないスピードで手際よく作業するマスター。

「おまたせしました」と出てきたのは「スカイボール」でした。今やどこのバーでもあまり出さなくなった、古い古いカクテルです。ベースはウォッカ、それとトニックウォーター。キンキンに冷えた銅製のマグカップに注がれた味には、爽快感とともに懐かしさがありました。

レトロな雰囲気の店内は愛で溢れていた

まるで時間が止まったような店内で、おもしろいものを発見しました。

グラスボードの奥に「アルコールは人類の敵だ」と書かれた古い紙。
「バーでアルコール批判!?」と思っていたら、初代マスターがお客にくすっと笑ってもらえるようにと考えた言葉なんだそうです。

店内を見渡すと、年季の入ったメーカートレイの下にさまざまなものが飾られています。
「あれは高校OB会の方から」「これは飛行機乗りの方から」と。すべてお客からの頂きものなんだそうです。このお店がみんなに愛されているのが伝わってきます。

時間が経つに連れて、このお店にどんどん惹かれていきました。
夫の意思を継いで27年、84歳になってもカウンターに立ち続けるマスター孝子さんには、確固たる信念を感じます。
「家にいるよりお店のほうが落ち着くんです」
雨の日も雪の日もお店にはジャズが流れています。

カウンターの奥に大切そうに飾られた1枚の写真。
二代目マスターの傍らには、いつも初代マスターが寄り添っています。

後日、初代マスターのことが気になり、当時を知る人にどんな方だったか聞いて回りました。

「あの人は面倒見がよぐで、人望が厚がったのお」と近所の寿司屋の大将。
「変な飲み方するど、ごしゃがいで(怒られて)。お酒の嗜み方を教えでくれる人だっけ」と地元の公務員の先輩は言っていました。

初代マスターは若者が好きで、バーでの楽しみ方を教えてくれる方だったようです。
誰に聞いても悪く言う人はおらず、初代マスターの人となりを知ることができました。

鶴岡のチャーミングなおばあちゃんに会いに行く


お酒の楽しみ方はいろいろですが、バー89の楽しみ方はマスター孝子さんとの会話です。

決しておしゃれなバーではありませんが、彼女がこれまで歩んできた人生の道のりについて、カクテルを飲みながら聞くのはとても心地がいいものです。
鶴岡におばあちゃんができたような、そんな気持ちにもさせてくれます。

「手を治して、もう一度シェイカーを振りたいのよ。今は店名にちなんで89 歳まで続けることを目標にしているの」と、ニコニコしながらも力強く語る姿にも心が打たれました。

強くてチャーミングなおばあちゃんが作るカクテル。1種類だけでしたが、氷には彼女の思い出がたくさん映っていました。

鶴岡でもう少し飲みたい夜。温もりを求めてバー89にふらっとでかけてみてはいかがでしょうか。

<データ>
【住所】山形県鶴岡市本町2-15-23 map
【電話】0235-23-6189
【交通】JR羽越本線 鶴岡駅より庄内交通バス湯野浜温泉行きで9分(220円)、一日市通り下車徒歩2分。またはタクシーで約10分(1150円程度)。
【営業時間】 18時〜22時15分
【定休日】 年中無休(年末年始除く)
【駐車場】 なし

関連記事

  1. 期間限定! 国宝・羽黒山五重塔の
    幻想的なライトアップは一生の思い出

  2. 復活した昭和の名キャバレーが山形県酒田市にあり。
    豪華ステージで歌えば「白ばら、最高!」

  3. もはや伝説! 映画にもなった世界的
    な名カクテル発祥の店で本物を飲む(山形・酒田)

  4. 酒田の夜は奥が深い!
    昭和レトロ居酒屋と ノスタルジア酒場をはしごする

山形の天気

  • 今日

    雨のち曇

    雨のち曇

    14℃ / --℃

  • 明日

    曇のち雨

    曇のち雨

    13℃ / 5℃

  • 明後日

    曇時々雨

    曇時々雨

    --℃ / --℃

エリアから探す

  1. さくらんぼ、ラ・フランスに梨、柿…。フルーツ王国・山形の秘密とは?

    2019.11.13

  2. こんな野菜は見たことがない! <br>農家が守り続けた庄内の在来作物…

    2019.10.03

  3. 米どころ庄内平野のお米はおいしい!<br>その裏にはこんな秘密があ…

    2019.09.18

  4. 「だだちゃ豆」は鶴岡の限られた地域でしか作れない幻の枝豆だった…

    2019.08.19